• 携帯電話 QRコード

  • 月別アーカイブ

  • カテゴリー

  • 最近の投稿

  • 最近のコメント

    • 4.四国88ヶ所霊場

      地蔵寺(四国88か所霊場・第5番札所)

      「地蔵寺(じぞうじ)」は徳島県板野郡板野町羅漢にある真言宗御室派の寺院で、四国八十八箇所霊場の第五番札所です。嵯峨天皇の勅願により、弘仁12年弘法大師が開創されました。

      境内のほぼ中央にそびえる大銀杏(樹齢は約800年)は「たらちね銀杏」とも呼ばれ、弘法大師手植えと伝えられています。

       

      【仁王門】

      地蔵寺 仁王門

       

       

      【本堂】

      地蔵寺 本堂

       

       

      【大師堂】右の大樹が「たらちね銀杏」です。

      地蔵寺 大師堂

       

       

      【鐘楼・大師像】

      地蔵寺 鐘楼・大師像

       

      奥の院にある「五百羅漢(ごひゃくらかん)」が有名で、コの字型の建物に多数の羅漢像が安置されています。

      【五百羅漢・釈迦堂】

      五百羅漢 釈迦堂

       

       

      【五百羅漢 大師堂】

      五百羅漢 大師堂

       

       

      【五百羅漢・弥勒堂】

      五百羅漢・弥勒堂

       

       

       

       

      (広告)

       

      大日寺(四国88か所霊場・第4番札所)

      徳島県板野郡板野町にある「四国88か所霊場・4番札所」大日寺(だいにちじ)
      に行って来ました。

      寺伝によれば弘法大師がこの地での修行中に大日如来を感得された。
      一刀三礼して約55cmの大日如来像を彫造され、これを本尊として創建し、
      本尊より「大日寺」と号したと言われています。

      【山門(鐘楼門)】

      大日寺 山門(鐘楼門)

       

      【本堂】

      大日寺 本堂

       

      【大師堂】

      大日寺 大師堂

       

      【薬師堂】

      大日寺 薬師堂

       

      【手水舎(蛤水)】

      大日寺 蛤水

       

       

       

       

      (広告)

       

      * RSS FEED

      (広告)