• カテゴリー

  • 携帯電話 QRコード

  • 【10】株主の見学会・案内等(優待以外)

    (株)SJI〔2315〕より、『第28期 トークン(仮想通貨)「CAICAコイン」受取方法のご案内』が届きました。仮想通貨の入手体験を希望する株主様のみ受取手続きをします。

    (株)SJI〔2315〕より、『第28期 トークン(仮想通貨)「CAICAコイン」受取方法のご案内』が届きました。仮想通貨の入手体験を希望する株主様のみ受取手続きをします。(写真下)
    (株)SJI〔2315〕より、『第28期 トークン(仮想通貨)「CAICAコイン」受取方法のご案内』が届きました。仮想通貨の入手体験を希望する株主様のみ受取手続きをします。
    平成28年10月末現在の1単元(100株)以上の株主に対して、トークン(仮想通貨)「CAICAコイン」が配布される運びとなり、その受取方法を案内します。とのことです。
    第28期定時株主総会の招集通知に同封されておりました。

    ◆配布の背景
    私は数年前からの所有ですが「CAICAコイン」の配布というのは今回が初めてなので、調べてみました。
    ◇昨年(平成28年)10月25日に以下の発表がされておりました。

    トークン「CAICAコイン」を当社株主に対して配布することに関するお知らせ(PDFファイル)
    (一部抜粋)
    ◇このたび当社は、仮想通貨のシステムインテグレーターとしての試みとして、希望する当社の株主に対し、その保有株式数に応じてブロックチェーン技術を活用した自社トークン「CAICAコイン」の配布を行います。(例:100株保有の株主に対して 100 CICC※
    ブロックチェーン技術を活用したトークンは、「発行数を限定できる」、「改ざんを防止できる」、「資産の無断移動を防止できる」、「透明性を確保できる」といったビットコインと同様の特徴があるため、一般的な「コイン」などの「仮想通貨」としてだけでなく、希少性を持ったデジタル資産として発行することが可能です。例えば「限定販売の電子トレーディングカード」、「1人1回しか利用できない投票権」、「転売不可能な電子チケット」、「ゲーム内通貨やアイテム」などに利用可能であると言われております。
    ◇このような無限の可能性を秘めているトークンを独自トークン「CAICAコイン」として配布することで、当社の株主に仮想通貨入手を実体験して頂きたく企画いたしました。
    ◇なお、今後当社は、「CAICAコイン」でフィンテック関連の提供サービスを利用できるよう検討してまいります。
    ※ CICCは「CAICAコイン」の仮想通貨単位です。

    案内を頂き、ありがとうございます(^^)

    (株)小松製作所(コマツ)〔6301〕の第147期中間報告書が届きました。 最後のページに「株主さまを対象とした見学会のご案内」が掲載されています。

    追記************************
    2016年6月25日
    (株)小松製作所(コマツ)〔6301〕より、「株主の皆さまへ」(2016年6月発行)という冊子が届きました。
    *2016年6月分より「〇期報告書」から「株主の皆さまへ」に名称が変更されました。
    インフォメーションとして
    【01】株主様への感謝品進呈のご案内が掲載されています。
    対象者
    3月末現在、当社株式を3年以上保有し、かつ3単元(300株以上)を保有の株主さま。
    感謝品として当社製品のオリジナルミニチュア(非売品)を進呈いたします。
    ※毎年1機種ずつリリースし、シリーズ化しています。
    (昨年より、感謝品の進呈が始まりました。我が家は、家族が長期保有中ですが、200株の保有ですので対象外です。)
    【02】株主さまを対象とした見学会のご案内が掲載されています。
    「見学会のご案内」は、年に2回届いています。
    (今まで、8回分「株主さまを対象とした見学会のご案内」を詳しく更新しましたが、今後ブログへの掲載は休ませて頂きたいと思います。)
    *****************************

    本日、1件めです。
    (株)小松製作所(コマツ)〔6301〕の第147期中間報告書が届きました。
    最後のページに「株主さまを対象とした見学会のご案内」が掲載されています。
    (株)小松製作所(コマツ)〔6301〕の第147期中間報告書が届きました。 最後のページに「株主さまを対象とした見学会のご案内」が掲載されています。

    ◆対象者
    2015年9月30日現在100株以上を保有の株主さま。
    ご参加は株主さまご本人のみです。
    ◆日時と場所等

    開催場所 開催日 定員
    1 小山/栃木工場
    (栃木県小山市)
    2016年3月17日(木) 50名
    2 2016年3月18日(金) 50名
    3 大阪工場
    (大阪府枚方市)
    2016年3月23日(水) 50名
    4 2016年3月24日(木) 50名
    5 2016年3月25日(金) 50名

    時間は、13:30より約3時間です。
    希望される方は、はがきで申し込みます。
    応募が定員を超えた場合は抽選になります。

    トヨタ自動車(株)〔7203〕より第111期株主配当金を頂きました。(私の取得価格に対する配当年率は約7%でした)&新設された「AA型種類株式」についてまとめてみました。

    【1】トヨタ自動車(株)〔7203〕より第111期株主配当金を頂きました。(私の取得価格に対する配当年率は約7%でした)

    【トヨタ自動車、年間の配当金】100株あたり20000円でした。
    平成27年3月31日を基準日として、トヨタ自動車(株)〔7203〕の配当金は、1株あたり、中間75円+期末125円=年間200円でした。

    【取得価格】2名義とも、100株を30万円以下で購入しています。(写真下)
    トヨタ自動車(株)〔7203〕より第111期株主配当金を頂きました。(私の配当年率は約7%でした)私の株式は、①です。2003年5月からミニ株で80株保有、2011年6月に20株追加して合計100株になりました。

    配当金 20000/投資額(手数料込み)287761=0.0695 (約7.0%)

    家族の株式は、②です、2011年9月からの保有です。

    配当金 20000/投資額 266800=0.0749 (約7.5%)

    *通常は、このような計算はしないと思いますが、トヨタの新型株のように、投資した価格をもとに配当金の利率を計算すると何パーセントになるのだろうと思い、計算してみました。

    第111期株主配当金、合計40000円を、ありがとうございます(^^)

     【2】新設された「AA型種類株式」についてまとめてみました。

    トヨタの新型株発行について理解しておきたいと思い、以下に まとめてみました。

    (1)トヨタ自動車(株)〔7203〕の前例のない新型株式が、株主総会で可決されました。

    先月、トヨタ自動車(株)〔7203〕の「第111回定時株主総会招集ご通知」が届きました。(写真下)
    トヨタ自動車(株)〔7203〕の「第111回定時株主総会招集ご通知」
    今回、注目されたのは【第7号議案】です。(写真下)
    「AA型種類株式」(非上場)の新設に関しての記述 が、P19~P31まで続いています。
    報道によると、6月16日の定時株主総会は約3時間かかり、【第7号議案】は75%の賛成で可決されたとのことです。
    トヨタ自動車(株)〔7203〕の「第111回定時株主総会招集ご通知」【第7号議案】「AA型種類株式」(非上場)の新設に関して

    (2)「AA型種類株式」について

    名前の由来】「AA型」という名前は、トヨタ自動車が今回、独自に考えた新株の名前です。

    *AA型…1936年(昭和11年)にトヨタ自動車株式会社の前身である株式会社豊田自動織機製作所 自動車部が開発・製作したトヨタ初の生産型乗用車の車名(生産型とはライン生産の意味)

    種類株とは】議決権や配当などに関して、普通株式とは異なる権利を持つ株式のこと、企業にとっては多様性のある資金調達が可能となります。
    トヨタの「
    AA型種類株式」は、中長期の保有を前提とした種類株式となります。
    普通株は一般的な株式ですが、種類株が発行されると、普通株も権利の内容がその株式と異なることになるため、種類株の一つと見なされることになるそうです。

    【目的】中長期の視点からの株主の皆様によるガバナンス効果を経営に取り入れ、最先端の革新技術開発の追求および創造を通じた中長期的な企業価 値の向上をめざすことを目的として発行されました。

    【議決権】議決権があります。

    【元本保証】トヨタ自動車(株)による元本保証です。

    配当年率初年度が0.5%で、毎年0.5%づつ増加し、5年目から 2.05% となります。
    【1単元】1単元の株式数は100株です。

    非上場非上場です。

    譲渡制限5年間の譲渡制限があります。5年経過後、継続保有してもよいし、普通株式への転換および金銭対価での取得(発行価格での換金)が可能となります。

    (3)「第1回AA型種類株式」(非上場)の取り扱いは野村証券の店舗のみです。

    私は、野村ホールディングス(株)〔8604〕の株式も(100株ですが)保有中です。
    「AA型種類株式」を取り扱うのは野村証券だけです。独占販売なので、多くの手数料が入るのではないでしょうか。

    野村ホールディングス(株)〔8604〕
    野村証券が取り扱う金額「AA 型種類株式」(非上場)に関して、野村証券が取り 扱う金額は約5000億円、野村証券が扱う単発の新規募集商品としては過去最大とのことです。

    【野村証券が受け取る手数料】「AA 型種類株式」(非上場)に関して、野村証券に支払われる引受手数料率は4.5%で、約224億6200万円とのことです。
    【以下は、トヨタ自動車(株)〔7203〕の株主総会参考資料からの抜粋です。
    募集方法
    (1)一般募集
    ・・・・なお、引受人が当社に払い込んだ引受価額の総額と、一般募集における発行価額の総額との差額は、引受人の手取金となります。当社は引受人に対して引受手数料を支払いません。

    (4)「第1回AA型種類株式」について

    発行価格7月2日、第1回AA型種類株式の発行価格1株につき1万598円と決定し ました。
    1万598円は、2日の終値8153円の1.3倍(端数切捨て)に なっています。

    正式な計算は以下のとおりです。
    (1) 算定基準日 平成27 年7月2日(木)
    (2) 算定基準日の株式会社東京証券取引所における当社普通株式の株価(終値) 8,153 円
    (3) アップ率[{(発行価格)/(普通株式の株価(終値))-1}×100] 29.99%
    ★発行価格(募集価格)1株につき 10,598 円

    【1単元】1単元は100株です。100株購入すると105万9800円になります。

    【取扱い証券会社】野村証券の本店・支店のみの取り扱いです。(ネットは不可)

    【買い方】野村証券の本店・支店に口座を開設して購入します。

    【申込期間】 平成27年7月3日(金)から7月22日(水)まで

    発行数に上限があるため、 購入希望の 株式数の一部もしくは全部を購入できない場合もあります。
    (申込開始の7月3日以前に)「野村証券には、予定の発行金額の10倍超の申し込みがあり、新規口座の開設ペースは通常の8割増」と報道されています。

    【払込期日】7月24日(金)

    【トヨタ自動車(株)による自己株式取得】第1回AA型種類株式の発行に伴う普通株式の希薄化を回避するため、普通株式の自己株式取得が行われます。

    (5)今後の「AA型種類株式」の発行について

    ◆今後の「AA型種類株式」の発行については、定款に定められております。
    トヨタ自動車(株)〔7203〕の株主総会で、定款「第5条」の、発行可能株式総数が以下のように変更されました。
    (下線は変更部分)

    定款
    変更前
    (発行可能株式総数)
    第5条
    当会社の発行可能株式総数は、100億株と
    する。
    定款
    変更後
    (発行可能株式総数
    第5条
    当会社の発行可能株式総数は、100億株
    とし、各種類の株式の発行可能種類株式総
    数は、次のとおりとする。ただし、第1
    回AA型種類株式ないし第5回AA型種
    類株式の発行可能種類株式総数は併せて
    1億5000万株を超えないものとする。
    普通株式                     100億株
    第1回AA型種類株式 5000万株
    第2回AA型種類株式 5000万株
    第3回AA型種類株式 5000万株
    第4回AA型種類株式 5000万株
    第5回AA型種類株式 5000万株

    今後の「AA型種類株式」の発行について、以下のような発表がされております。
    今後、第2回以降の回号に係るAA型種類株式を発行する場合についても、募集株式の数、発行価格、引受価額、増加する資本金および資本準備金の額ならびにAA型配当金の配当年率の水準等を除き第1回AA型種類株式と概ね同じ内容とし取締役会決議にて行うことを現時点では想定しております。

    【3】トヨタ自動車(株)〔7203〕には、株主優待はありません。

    はじめに&長期投資タイプです」の記事で書きましたが、私は、株式に関しては長期保有タイプです。
    株式を持っているだけという状態に物足りなさを感じ、株主優待の取得を始めました。株主優待は楽しみですが、目的ではありません。

    ただ、このブログに関しては株主優待がメインです。
    トヨタ自動車(株)〔7203〕は、今のところ株主優待がないのでブログには、今回が初登場です。

    【4】頂いた配当金は、日経平均が下がった時に株式に投資しています。

    ◇日経平均が上がっている時は(私の場合)
    基本的に利益確定はしないので、特に何もしません。
    たまに、欲しい銘柄を(仮に買ったとして)ポートフォリオに登録しておきます。
    ◇日経平均が大きく下がった時は(私の場合)
    基本的に売らないので、持っている銘柄はさっとチェックします。
    次に、ポートフォリオに、(仮に買ったとして)登録している銘柄をチェックします。登録した時よりも下がっていたら、チャンスです。
    買い時だと思った場合、頂いた配当金を資金として投資します。

    トヨタ自動車(株)〔7203〕の第111期株主配当金を、ありがとうございます(^^)

    * RSS FEED